贈答品の種類

小さな子供は自分の好きな相手にお気に入りのおもちゃをあげたりお菓子をあげたりします。物を渡すことで好意を表現することは幼児の頃から行われます。多分歴史が始まる前にも男性は好きな女性に獲物を分けたり、女性は好きな男性に花をあげたりしていたのではないのでしょうか? 文明が発展して、贈答は日常のあらゆる場面で行われるようになりました。贈答の習慣は冠婚葬祭に関わるもの、お礼やお詫びなどのあいさつに代わるもの、褒美としてのもの、好意を表すものに分けることが出来ます。

冠婚葬祭に関わるものでは結婚や銀婚式や金婚式のお祝い品から、葬儀とその後の法事のお供えなどが有ります。あいさつに代わるものではお中元、お歳暮、年始、お年玉、引っ越しのあいさつなどが有ります。褒美は目上から目下に対して贈られるもので親から子へ、会社から社員への記念品などです。好意を示すものの代表格はバレンタインデーのチョコレートでしょう。それ以外でも、恋人から恋人へのプレゼントなども好意を表す贈り物です。中には、お気に入りのホステスさんへの貢物もあります。誕生日のプレゼントは、家族間、恋人同士、友人同士でお誕生日おめでとうのあいさつと同時に好意を表すものです。

贈答品には古来からの形式を重んじなければならないものと、近年はじまった形式を問わない贈答品が有ります。形式とはどのようなものなのでしょうか?また、それらの違いはどのようなものなのでしょうか?

<特集>
結婚や銀婚式や金婚式のお祝い品などにぴったりの商品が販売されているカタログギフトの通販サイトです →→→ カタログギフト